年間を通じて家賃が同じとは限らない

賃貸と言いましてもアパートとマンションがあり、そのタイプによって賃料も大きく異なり物件探しの肝となります。
中には一軒家タイプの賃貸物件もありますので、集合住宅が苦手な人はそのような賃貸も大変オススメです。 どんなビジネスにも繁忙期と閑散期があり、これは不動産業界でも同様のことです。
当たり前のことですが入学や就職の準備のある、年明け〜3月頃までというのが不動産会社にとりましては繁忙期となります。

 

もしも自分の理想通りの賃貸物件を探しているのでしたら、春先には多くの人が物件探しをしていますので、避けるようにしてください。
この時期は物件を求める人が多くいますので、多くの大家さんは家賃の値下げ交渉などの席には座ってくれない傾向にあります。

 

年中忙しいイメージのある不動産屋であすが、6〜8月は暇な時期であり、実際に物件探しをしている人が極端に少なくなります。
早く入居者を見つけたい!という大家さんの考えもありますので、比較的家賃交渉がしやすくなっています。



年間を通じて家賃が同じとは限らないブログ:18/12/31

「首が痛い」「ひざが痛い」「こしが痛い」

これらは全て結果であり、
原因はその部分にはない場合がほとんどです。
打撲などの外傷の場合は別ですが…

ですから、原因が何かを考えずに、
痛めた部分を処置するだけでは、再発するのは当然です。

体質は、偏った使い方で酷使されると、
痛みによってその動きを制限しようとします。

痛みが出るのは、原因の部分とは限りません。
足指の歪みで首に痛みが出ることもあります。

つま先からひざ、こし、胸、首、頭…と
体質は非常に精密にできていて、
全てがつながっています。

それでは、体質に痛みが出たときは
どうすればいいのでしょうか?

体質に痛みが出た場合、
痛いところが悪いとは限りません。

しかしあたくしたち人間は、
痛みがあるとすぐに解消したくなります。

確かに、早く患部の痛みが無くなった方が、
気分はよいかもしれません。

しかしいずれ、
同じことが原因で痛みが再発してしまいます。
対症療法では、「問題の解決」にはならないのです。

問題を解決するには
「正しい体質の使い方ができるようになること」
が大切なのです。

体質に何か問題が起きたら、
原因は何かを考えてみましょう。
痛みは体質からのサインなのですから…

体質の一部を酷使しませんでしたか?
長時間、正しくない姿勢で過ごしていませんでしたか?

体質の問題を原因から解決するには、時間がかかります。
体質の歪みは、その人が何十年もかけて作り上げてきた、
動きのクセの集大成なのですから、仕方ありません。

それでも
根本的な原因を解消しなければ、
快適な日々を過ごせませんよ!



このページの先頭へ戻る